返済日に慌ててしまうこと | お金を借りたい|ベストな方法とは

返済日に慌ててしまうこと

نوشته شده بوسیله : mefc در ساعت ۴:۵۳ ب.ظ | تاریخ : ۲۶ شهریور ۱۳۹۴

返済日になると足りないお金がない場合は非常に焦ってしまいます。毎月どれだけの返済額があるのか最初の段階で分かっているので、返済日までにその金額を確保するようにやりくりするのです。

その中で気にしているのは、一時的に銀行の預金が全くなくなっても気にせずに生活することです。収入のある人返済の支払いのある日が交互にやってくるので、一時的にお金を全て返済に充てて生活が全くなくなることがあります。

お金を全く使わなくても何日か生活する事はできるので、それでやりくりして返済日までどうにか生活するようにしています。その返済日に必要な金額を口座に入れておけばセーフとなるのですが、収入を得るあてがうまく見つからないときは焦ってしまうのです。

実際は返済日よりもずっと前の段階で、引き落とされる金額を指定口座に入金しておくようにしています。その様にしないとギリギリまでお金のやりくりで使っていると、最終的に返済額が足りないことが起きてしまいます。

借金している段階でもまずい状況なのに、この返済日に間に合わないというのは更にマイナス要素増やしてしまいます。基本的に返済額がどんどん増えていくので、これだけは避けなければいけない状況なのです。

お金を借り入れて生活をするようになると、返済日にどうにかお金をやりくりすると、また必要な時には借りても大丈夫という考え方になってしまいます。

その様な悪循環になってしまうので、返済日に必要な金額を入金した後は、できるだけ節約生活だけで乗り切ることを考えるのです。このように考え方を変えて生活することが大事であり、常に返済日のことだけを考えるのはストレスがたまってしまい体調不良になってしまう可能性があります。

実際に、返済日までちょっとした事が気になるようになって神経が過敏になっている感じがするのです。これを乗り切るためには返済日を気にせずに、お金をどんどん貯金していくような生活習慣にしていくのです。



تحت دسته : دسته‌بندی نشده
نظرات (۰)

نظرات این پست را از طریق RSS دنبال کنید!

قسمت نظرات بسته است